もうすぐ結婚する10歳くらい年下の友人が、どの式場や指輪が良いかネットのランキングを見て調べていました。
私からも自分なりに良いと思うものをアドバイスしたのですが、彼はやはりネット情報を主な判断基準にするようです。
今時の人は殆ど、何かを購入する前にはネット情報やネットでのランキングを参考にすると思います。

ただ正直、ネットのランキングを私はあまり信用していません。なぜなら、ネットに大々的に掲載されると言うことはほぼ間違いなく広告でしょうし、広告である以上スポンサーがいます。スポンサーの意向によってランキング順位が組まれる、というのは非常に容易に考え付くことだと思うのですが…
もちろん、本当にアンケートや出荷数量を集計している信頼できる(少なくともスポンサーの意向が反映されていない)サイトも有ると思います。しかしこの様なサイトと、スポンサーの意向によってランキングは決まっているサイトを見分けるのはなかなか難しいのではないでしょうか。

※ランキングの根拠(販売個数,売上金額,○月に行ったアンケート,等)を明示していないサイトは良くない、等の見抜き方は有るかもしれませんが、そこまで細かく見る人も少ないでしょう

さて、そんなふうにずっと思っている最中に…
少し前、「タイムチケット」と言うインターネットのサービス(スマホのアプリでも有るようです)を利用しました。色々な人が自分のスキルを提供し、そのスキルを欲しい人とを繋ぐプラットフォームです。多くの人が実に様々なスキルを提供しています。
私は結婚相談所のライバル(?)であるマッチングアプリの現状が知りたくて、「マッチングアプリの達人で今まで50人以上人の人に会った、マッチングアプリの上手な使い方を教えます」という趣旨のサービスを売りにしている人に会いました。松戸に近いという事で足立区の北千住まで来てもらい(ただし交通費は私が負担)、カフェで待ち合わせました。
私としては、マッチングアプリの長所や短所、今後の趨勢などを測るヒントが欲しかったのですが。。。実際にはスキル提供者の女性の「如何に写真を盛って会う確率を上げるか」とか「会った男性に如何に高価な食事を奢らせたか」とか「遊びの男と真剣な男の見分け方、但し殆どが遊び目的」という話を延々と聞いただけでした。。。マッチングアプリは狐と狸の化かし合いだなぁと改めて実感しました。

消化不良だった私は、タイムチケットで他に何か役に立つ情報を得られないかな?と思い、「インターネットビジネスの裏側教えます」というサービスも購入しました。こちらはSkypeを経由して話を聞けるということで、手軽で面白そうだと思い購入。提供者が語ったのはアマゾンやYahoo!オークションで物を売るためのコツについてでしたが、「商品写真を上手く撮るコツ」とか「コメントを買う方法」といった一般論もしくは規約違反の話に終始して、とても退屈でした…。すると、私が不満そうな顔をしてたのか、先方は慌てた様子で「裏話ですけど」と切り出し、「商品紹介サイトのランキングの殆どは本当の意味でのランキングではないんです。スポンサーの意向によって作られたランキングで、売りたいものを上位にしてるだけなんです。私はウェブ広告会社でそういうランキングを作る仕事をしてました」という話をしました。
私が「まあ、そうですよねと」反応したところ、逆に向こうがその反応に驚く始末。「この話をするとほとんどの人がすごく驚いて、ネットへの信頼感が根底から覆ったとかショックを受けるんですが…。あなたはあまり反応しないですね」と仰います。「そんなの誰でも容易に思いつくことじゃないんですか」と言いましたが、「いやーあなたは珍しいです」とのこと。
インターネットのランキングを鵜呑みにしている人はそんなに多いのでしょうか?

この一連のことから改めて解ったことは、

インターネットのランキングの多くはスポンサーの売りたい商品が上位にランクインされているだけ、自分自身で良いものか否かの確認を。
タイムチケットのようなサービスを通じて素人みたいな人に何か求めても得るものは少ない、頼むならプロに。

の2つですね!

東京での婚活は西荻窪の結婚相談所「咲くやMarriageAgent」にご相談下さい。
西荻窪を中心に、吉祥寺,中野,新宿など首都圏全域で結婚相談を承っております。