色々な人の婚活を見ていると、アラフォーも後半に差し掛かった人の婚活は「お相手にとても高い条件を求める方」と「あまり条件は気にせず一緒に居られたら良い、という方」に二極化する傾向を感じます。

特に女性が男性に厳しく求める条件は、年収ですね。年収というのが数字で見れて一番解り易い条件なので、得てしてとても重要な要素になります。

もちろん、ご自分である程度キャリアを積んできた上で「これからは穏やかに人生を過ごすパートナーが欲しい、年収はあまりこだわらない」というアラフォー後半の女性もいます。
この様な方は、お話の仕方が落ち着いて、服装も綺麗でさっぱりしているが派手ではない、という方が多いように感じます。あと、知的な感じがします、あくまで私個人の見解ですが。

もっともこのような女性にしても、ご自身がアラフォーである以上はお相手男性もアラフォーもしくはアラフィフですから、人間性や有る程度の生活力(年収だけではなく、総合的な生きる力)をお相手に求めるのは当然でしょう。

一方、アラフォー後半の女性で男性の年収にとことんこだわる方は、「この年齢まで待ったんだから何とか条件の良い男性を」とか、「若くて初々しい花嫁花婿ではないから、せめてお金くらいないと。自分がみじめだし周りからもどう思われるか…」という心理があるようです。
また、女性の年収が高ければ高いほど、男性に求める年収も高くなります。アラフォーで年収1千万円近くの女性など、「各種統計から考えると、そんな人は全未婚男性の0.3%くらいでは?」というような条件で相手を探す人も居ます。求める条件が「客観的に見れば高すぎる!」という人も決して少なくないのです。

正直、アラフォー後半でお相手の年収にこだわる女性は、控えめな表現で言って「結婚が非常に難しい」と言わざるを得ませんね・・・

当結婚相談所の男性会員様が、うちにご入会される前にマッチングアプリで婚活していた時の話を聞かせてくれました。この男性は千葉県在住でお勤め先は都内、アプリ婚活の主要舞台も東京23区内だったそうです。

この男性はアプリ経由で同世代のアラフォー女性とメッセージの遣り取りをしていました。メッセージをやり取りしていた女性の男性に対する要望は大卒以上で年収1200万円以上。凄いですね…
この男性、年収はそこまでなかったのですが、マッチングアプリなのでプロフィールは適当に記入できます。本来の年収よりかなり高く記入していたので、彼女に見染められて(?)会うことができました。

日曜の午後に会ったそうですが、青山あたりの高そうなカフェを指定され、挨拶もそこそこに「家やマンションは持ってますか?それとも賃貸?賃貸なら家賃はいくらですか」とか「車は何に乗ってますか」など、暮らしぶりばかりを聞かれたそうです。そして、「話の内容や雰囲気から、相手が嘘を言っているかどうか大体分かる」と鋭い目つきで言ったそうです。う~ん、よっぽど多くの人に会って来て、そして多くの人に嘘を言われたのでしょうね(推測ですが)・・・

その女性、昔はモデルをしていたそうで確かにかなりの美人だったそうです。
モデル時代に勢いでイベント関連会社の人と結婚したが、「派手な生活をしていたのでお金持ちと思ったが、全然お金のない男だった」そうで、結婚後はお金にはかなり苦労し、結局離婚したそうです。
(お金が無いのに派手な生活をする、というのは私のような庶民の感覚では理解が難しいのですが…世の中には色んな人がいますからね)

元モデルの彼女、「なので私は男をまずお金で見ます」と明言していたそうです。
しかしこれもその方の経験に基づいた考え方、価値観です。周囲がとやかく言う事ではありません。それに、昔モデルをしていたような美人ならこの考えでも相手を見つける可能性は十分あるでしょう。

因みに、男性会員様はその時、話をそこそこに切り上げ、支払金額の大きさやカフェなのにチャージがあることなどに一通りビックリしてから、帰ってきたそうです。
マッチングアプリは怖い、普通の人間はやってられないと言っておられましたが、「それはあなたが年収を誤魔化したからでしょ?」と言うと「ですね」と反省されていました^^
(当結婚相談所では男性会員様の年収は書類で確認しておりますので、ご安心下さい)

東京での婚活は西荻窪の結婚相談所「咲くやMarriageAgent」にご相談下さい。
西荻窪を中心に、吉祥寺,中野,新宿など首都圏全域で結婚相談を承っております。